WITI Japan 設立記念イベントレポート

イベント概要

『WITI(Women In Technology International)』はアメリカ発の女性支援団体で、9月に発足された日本支部の設立を記念して品川のマイクロソフト社で開催されました。

動員数は約100名。年末の忙しい時期にも関わらず多くの方に足を運んでいただけました。

基調講演にマイクロソフトの伊藤かつら氏、ネットイヤーグループの石黒不二代氏をお招きし、企業内で活躍するキャリアリストとアントレプレナー(起業家)の視点で講演いただき、女性のみならず男性にとってもためになる内容からスタートしています。

最初はWITIのCEOであるDavid Leightonからイベントスタート。日本支部設立にお祝いのコメントをいただいています。

David Leightonからのメッセージ

「キャリアのオーナーは自分自身」

マイクロソフトで執行役として活躍される伊藤かつら様のお話では、

自分のタグを増やしていくことが大切で、そもそも日本の大企業は人事が人事を決めるのがおかしいですよね?日本は成功よりも失敗しないことが大事になっていて、役職が上に行けば行くほど、リスクを恐れる傾向にある、と提言。
「20代は今与えられていることをとにかく必死でやってみる、ゲロが出るほど、働きなさい!
20代にいろんなことをやると、得意不得意、好き嫌いがわかってくるし30代になって自分に合っていることが見つかるものなんです。」

「男性思考になりすぎてもダメよ。女性ならではの強みを活かしましょう。」

「自分のキャリアは自分しか作れない。自分にとって幸せなハッピーキャリアを持とう。キャリアという旅を楽しみましょう!」
と力強いメッセージをいただきました。

自分のリミットを超えて挑戦していく

ネットイヤーグループの代表取締役社長 兼 CEO 石黒不二代様のお話しでは、

「なぜ女性の起業が少ないのか?今女性に足りないのは”自信”ではないでしょうか。」と誰もが考えさせられるテーマから始まり、

「上司や誰かから言いわれたこと以上のことをやってほしい。言われたことをやるのではなくて、自分の資質はこれが得意です、だからこれをさせてくれと自主的に開拓していく人のほうが伸びる。」

「まずは人生の棚卸しをして自分が何を好きかを理解する。そして自分のリミットを超えて挑戦していくと良い人生になると思う!」
石黒様のセッションでは自分の棚卸しシートを配布し、セッションテーマを思い出しながら振り返りができるようにしました。ご参加された方はぜひシートを使ってご自身のこれまでを整理してみてください。

女性が企業で活躍するということ、かつて、今

最初のパネルディスカッションでは、企業内で活躍する「キャリアリスト」たちがライフラインチャートを用いてリアルな転職経験や会社内でのできごと、キャリアの軌跡についてお話しいただきました。

・高林千歌氏
株式会社ユニクロ グローバルマーケティング部
・幸村潮菜氏
ランサーズ株式会社  事業開発部部長
・森澤 恭子氏
株式会社リブ 採用パートナー
・伊藤羊一氏(ファシリテーター)
ヤフー株式会社コーポレート統括本部 Yahoo!アカデミア本部 本部長

毎年毎年成長したと感じれるから楽しい

「男女限らず、安定は自分の選択肢をたくさん持てることではないでしょうか?女性はプライベートをどうするのか、仕事とどのように両立していくのか選択肢を迫られることが人生の中で何度もある。」
「まずはビジョンから逆算して目の前のことをがむしゃらにやることですね。特に20代のうちは苦手と決めつけないで、まずはやってみる。やってみることで、実は新しいことを発見できたりするから一歩踏み出す勇気をもつこと。」

ママが楽しく生きていないと、子供に影響する

 「子供を預けて働くということは、それくらい価値があることをしていきたい気持ちがある。一時的に離れていても、踏み出したからにはその決断を成功に繋げようという気持ちがあります。」
「子供を預けることに抵抗もありました。でもママが楽しく生きていないと、子供に影響すると気づいたんです。やりたいことがあるのに我慢するのは家族にとってもよくない。」
「人それぞれ、働くママに対しての価値観が違う。なぜ、これが必要なのかという本質を理解した上で行動すること。自分の価値観にあった行動だからこそ原動力が生まれます。」

女性起業家に聞くジェンダーギャップと実体験

2番目のパネルディスカッションでは、起業家の「アントレプレナー」たちに、起業するまでの経緯や苦労したことなどリアルな本音を話していただきました。

・河本扶美子氏
株式会社ファーストブランド 代表取締役社長
・和田幸子氏
ブランニュウスタイル株式会社 代表
・駒崎クララ氏
株式会社KoLabo 代表取締役社長
・後藤匡史氏(ファシリテーター)
株式会社シナプス 取締役 コンサルタント

初は周りの理解が得られなかった起業

「なにもかも、最初からうまくいったわけではありませんでした。交渉の時に不利な条件を振られることもあったし女性だからといって甘く見られたことも度々ありました。」
「そういった負の思い、世の中に対する不満がモチベーションに燃料を注いでくれた結果になったこともありました。悔しいからこそ頑張る。泣くほど悔しいこと、泣くほど嬉しいことも実感できています。そういう人生を歩みたいから起業して100%良かったと思える。」

パートナー選びの難しさ

「アントレプレナーにとって、仲間選びは非常に大事なことでした。」

「スキルだけ優秀でも無理で、自分の価値観にあった人をどれだけ集められるかが重要です。そして、自分も覚悟を持たないといけないし自分の考え、意見を勇気をもって発信することが大事。」
「信頼してもらいたいなら、自分からも相手を信頼すること。すべて自分が相手に行うことで、相手も返してくれるんだと思います。」
「自分がどこを目指しているのか整理して、自分と向き合って自分に問いかけることが重要。」

イベント後記

イベント・懇親会を終えてたくさんの方に嬉しいフィードバックをいただきました。
「子供を連れての参加で不安だったけど、他にも子連れの方もいてスタッフも優しく、なにより学びが多かったです。参加して本当によかった!」
「数多くのイベントに登壇しているけど、一番感動した。こんなに素晴らしいイベントは始めてだった。WITI は素晴らしいね!」
「伊藤かつらさんのお話など、女性だけでなく、男性も意識していないといけないとあらためて感じることができました。」
「キャリアリストのセッションで、”女性はすでに存分にがんばっている。活躍している。女性活躍などという言葉が早くなくなればいい。”というコメントがありましたが本当にそうだと思った。もっと女性が普通に女性活躍とかの言葉とかそんなの無いような世の中になると良いなぁと思います。」
運営メンバーとして、本業の傍らで設立イベントの準備を進めることは本当に大変だったけど、参加者の方も登壇者の方も想像をはるかに超えるほどご満足いただいて、疲れもすべて吹っ飛びました。
設立記念イベントは大盛況で無事に終えましたが、WITIの活動はまさにここがスタート地点。本格稼働に向けて、持続可能な運営に勤しみます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!これからもよろしくお願いいたします。

イベント情報

【設立イベント概要】
■日時 : 2016 年 12 月 17 日(土)13:00〜18:30 (12:30 開場)
■会場 : マイクロソフト(品川)

◆基調講演◆
日本マイクロソフト株式会社 執行役
デベロッパーエヴァンジェリズム統括本部長
伊藤かつら氏

ネットイヤーグループ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO
石黒 不二代氏

◆パネルディスカッション◆
・キャリアリスト(企業内で活躍する女性)の部
株式会社ユニクロ グローバルマーケティング部 高林千歌氏
ランサーズ株式会社  事業開発部部長 幸村潮菜氏
株式会社リブ 採用パートナー 森澤 恭子氏

ファシリテーター:ヤフー株式会社コーポレート統括本部 Yahoo!アカデミア本部 本部長 伊藤羊一氏

・アントレプレナー(起業家)の部
株式会社ファーストブランド 代表取締役社長 河本扶美子氏
ブランニュウスタイル株式会社 代表 和田幸子氏
株式会社KoLabo 代表取締役社長 駒崎クララ氏

ファシリテーター:株式会社シナプス 取締役 コンサルタント 後藤匡史氏

共感企業一覧

■共感・協賛企業さま
日本マイクロソフト株式会社
株式会社グラッドキューブ
ランサーズ株式会社
株式会社コメ兵
合同会社QUM
株式会社マードゥレクス
キリン株式会社

■共感・協力企業さま
ネットイヤーグループ株式会社
ヤフー株式会社
株式会社ユニクロ
株式会社リブ
オイシックス株式会社
株式会社シナプス
株式会社ファーストブランド
ブランニュウスタイル株式会社
株式会社KoLabo